ゴールデンルールは、なぜそんなに良いものなのか?

ゴールデンルールは、なぜそんなに良いものなのか?

Waypointsで紹介している漫画を読んでいて、ストーリーの中に出てくる民族どうしの間に、異文化間の緊張があることに気づいたかもしれません。『センチュリオン』では、一世紀に生きた多くのユダヤ人は、ローマ帝国が自分たちの土地を征服したためにローマ人を恨んでいる、ということが分かります。また『雷ブラザーズ』では、ユダヤ人とサマリア人の間に文化的また宗教的な違いによる対立があったことが分かります。...

Pin It on Pinterest